仮想通貨がどんなものなのか学ぼう

>

仮想通貨とはどんなもの

ブロックチェーンとは

仮想通貨の機能として非常に大きな役割を果たしているのがブロックチェーンです。

取引データはそれぞれのユーザーにインターネットを通じて保存、管理されます。
銀行のような管理機関を必要としない、ビットコインの機能の重要な役割を担う全く新しい形の金融取引なのです。

管理が一箇所に集約されない形は、システム障害にも強く、また隠蔽性を持たないオープンなアプローチは不正取引の大幅な減少になります。
複数のデータベースからなる仕組みのためハッキングも不可能です。
銀行であれば、システム管理に多くの時間とコストがかかるところも、ブロックチェーンであれば高速化かつ低コストというメリットもあります。

暗号化された電子署名や、P2Pのシステムにより不正取引に対して非常に強いという特徴があります。

様々なメリット

仮想通貨のイメージで、一番多いのは投資目的での購入でしょう。

ビットコインは埋蔵量に限度があります。
発行枚数は2100万枚までとなっています。

一定の発行量が決まっているということは、そのものの希少性、価値が上がるということです。
つまり紙幣のように価格の急騰に対する金融緩和の手段を持ちません。
例えるなら金に近いものといえるかもしれません。

投資目的で保有する場合も、金などと大きく違うのは実際に物として保管しておく必要がないところでしょう。
これは盗難にあったり、また何かしらの災害などで失う恐れがないということです。

大きな値上がりも期待できる仮想通貨はこのように多くのメリットから人気の資産運用となっているのです。


この記事をシェアする